楽して、稼げる、家庭教師のすすめ。

<p>私は学生時代にアルバイトで家庭教師をやっていた。どんなアルバイトよりもお得であると思う。
知り合いからの紹介で、千葉にあった家庭教師の派遣会社に登録した。その後、。すぐに家の近くでアルバイトの依頼者がみつかった。それでタイミングよくはじめるようになっただが、結局大学の2年間やっていた。他にも飲食店等のアルバイトもやったがこんなに楽で稼げて、とにかくおすすめなアルバイトはないの、でその理由を述べようと思う

お菓子が食べ放題

まず、お菓子がたいてい食べ放題。私がいっていたご家庭では、私がお菓子がすきだといったら毎回お菓子を用意してくれた。シュークリームが好きだといったら翌週にはシュークリームを3つもおいといてくれた(しかも大好きなモンテ―ルのシュークリーム)。旦那さんが中国に出張にいったときは、大量にお土産をくれた。私がすんでいたのは田舎だったからというのもあるかもしれないので、都会の家庭教師はどうかわからない。だが、たいていは子供に家庭教師を頼むくらいの家庭は裕福で余裕がある人が多いので。いろんなものを恵んでくれるはずだ。

ノルマがない

基本的にノルマがない。授業の仕方は最初、家庭教師の登録所でレクチャーされる。
しかもそれも簡単なので、毎回テキストの内容をざざっと読んでいけばたいていうまくいく。私の場合は大学受験まもなかったのも功を奏した。そのタイミングを狙って、大学に無事合格した人には、まず、家庭教師で楽してお金をかせいでほしい。

時給がいい

通常のアルバイトはよくても1000円だ。
家庭教師は最低でも2000円くらいはあるのではないだろうか。私は2000円スタートだった。国立大学の医学部に行った先輩は時給8000円だったそうだ。
得意分野次第でも、時給は交渉すればあがるだろう。
同じ大学の友達は、教え方がうまく、最初時給が1800円だったのが1年で10000円になっていた。文系よりも理系の方が専門性が高いので、時給の伸び率はたかいように感じる。

自分の勉強の復習になる

私は受験を終えて、せっかく勉強した内容を忘れるのはすごくいやだった。
その忘れ防止にも、家庭教師は良いのではないだろうか。中学生であればそんなに内容も難しくないのでプレッシャーもなくできる。(高校生は大学受験があるので。)特に文系の大学にすすんだ場合、数学なんてもう一生やらないかもしれない。私は文系なのに数学が好きだったため、数学ができる場がほしかった。
そんな時、家庭教師として簡単な数学を生徒と一緒にとけるのは良い脳トレという感じで、とても楽しかった。

以上のように家庭教師は楽すぎることがデメリットなのではないかというくらい楽であった。大学受験を無事終えた大学生にはぜひ家庭教師を一度やってほしい。