稼ぎすぎると逆に損? 税金の関係に注意しよう

せっかくアルバイトを始めるなら、ガンガン稼いで好きなことを沢山したいですよね。
しかし、アルバイトの収入も所得です。稼ぎすぎると税金がかかり、所得税を引かれてしまいます
皆さんはいくらまでなら所得税が引かれないかご存じですか? 知らないと、数万円単位で引かれてしまうかもしれません。
今回は知らないと損をする、アルバイトと税金の関係を紹介します。

扶養を外れるか否か! 103万円の壁!

アルバイトと税金の関係をインターネットで調べると、○○万円の壁というものをよく見かけると思います。
まず最初に知って起きたいのは103万円の壁です。103万円は、皆さんが扶養から外れるか否かというボーダーラインになります。
扶養とはつまり、皆さんが親に養われているかどうかということ。収入が扶養内であれば、所得税の対象にならないのです。特に親元で暮らしている学生は、ぜひ知っておきましょう。

以外と知られていない? 106万円の壁

106万円の壁は2016年10月から導入された、社会保険の新しい加入条件です。とくにパートタイマーを意識してされた改正でもあります。
収入を106万円以下にすることで、両親や旦那さんの被扶養者でいることができます。これにより、社会保険や年金保険料を自分で払う必要がなくなります。
ただし、社会保険の加入には収入の他にも以下のような条件があるので注意が必要です。
1勤務先の従業人が全員で501人以上
2週所定労働時間が20時間を超えている
3雇用期間が1年以上見込まれる
4月収が8.8万円以上
5学生ではない
以下の条件は現在も検討中のもので、将来的に変更される可能性があります。

稼ぎすぎたら損をする? いくらの収入がおすすめ?

上記で紹介した壁の他にも、131万円の壁、140万円の壁というものもあります。
例えば学生の場合、130万円までならば「勤労学生控除」が働き、実質無税になります。ただし扶養からは外れるので、ご両親の所得税が増えてしまうのを覚えておきましょう。
また、学生・主婦・フリーターの3者ともに、130万円を越えると税金が一気に増える傾向にあることを覚えておきましょう。
例えば年収が129万円と130万円の学生では、実収入が8万円ほども変わってくるのです。

自分の年収を考えて毎月働く

アルバイトは社会勉強の一つです。ついつい沢山働いてガッツリ稼ぐことばかり考えてしまいますが、稼いだ後には税金を払わなければなりません。
注意するべきは103万円の壁と、130万円の壁です。これらを越えないよう、自分が毎月いくらまで稼ぐのが良いのか考えてみましょう。