仕事以外でプライベート的な誘いを受けたら?どうすればいい

交遊関係で、仕事とプライベートときっちり分けている人から、仕事の仲間とプライベートでも誘われるなど人によって考え方は様々だと思います。仕事仲間は家族みたいなもので、いつも仲良くてプライベートでバーベキューやお互いの家を行き来したり、かなり遊びもしていて、親好がある、などという人は喜んでプライベートな飲み会もバイト仲間でやったりすることでしょう。それとは別に仕事は仕事、プライペートはプライベートと分けたい人もいると思います。仕事上は愛想よくして、プライベートでは思いっきり、言いたいことを言えるひとじゃないとつき合えないなどという人もいると思います。そういう人は完全に分ければいいのですが、そうもいきません。バイト先で飲み会に誘われたら、断るのはいざとなると断りづらかったりします。

バイトの飲み会は厄介なことが多いのか

普段、飲食業のバイトなどをしていたら、仕事終わりや休憩中にみんなで賄いを食べたりとかしていたら、飲み会はそれにアルコールがプラスされるだけのことと思っている人もいるかもしれません。しかし、その飲み会は、必ず出勤日に開催されるとは限りません。バイトがお休みの日に飲み会に参加する場合もあります。しかも実費となると、交通費とあわせてお金と時間をバイトにつぎ込む事になります。それが楽しい仲間だったらいいのですが、上司や他の店舗の人もいたりすると気を遣いながら、その場をふるわないといけませんから、人によっては避けたい人もいるかもしれません。飲み会ならまだしも、社員と一緒に慰安旅行などとなると、なかなか一日以上仕事仲間と接するわけですから、気も遣うでしょう。

バイトの飲み会を断ってはいけない!?

飲み会が嫌なら断ればいいのかもしれませんが、単純にそうもいきません。アルコールが飲めないなどという理由ならまだ断りやすいですが、それもないと困ってしまいます。事前に日取りを決められていたら、予定が入っていたでは理由としては弱いですから。飲み会を断ると、仕事がしづらくなるという危険があります。嫌でも参加していれば、この人は打ち解ける気があるんだなと、信頼関係が築けますし、この前の飲み会でだいぶ酔っぱらってたね、など話のとっかかりにもなって、そこから交友関係が広がるかもしれません。なので、断るにもそれなりに、やりづらくなる可能性もあるので、なるべく参加した方がいいのかもしれませんね。