海外のコンビ二とか?日本以外でバイトするのって?

一度でいいから見てみたい海外で働く自分の姿、歌丸です。師匠クラスでもこんなことを考えていたりしたのでしょうか。昔と違って現在では、グローバル社会で人やモノ金の流れが世界単位で動いているので、海外で働くことも珍しいことではありません。逆に日本に海外の人が働いていることも今や普通です。簡単に働けるものなんでしょうか。

就労ビザって何?海外で働く時のルール

海外で働くにはルールがあります。言ってしまえば無許可で働くことはできないのです。
就労ビザというものが必要で、基本的にはそれがないと働くことができません。アルバイトでも同じで、コンビ二やレストランなどで働く事はできません。当然語学力もいるのですが、資格がないとだめなのです。
就労ビザとは、これもややこしくて取得をあきらめてしまう人もいますが、意外に簡単にとれてしまうこともあるようです。取得基準があいまいで、基準の詳細は非公開という、もうどうしようもないといえばそうですが、国によってかわり、共通する考え方は、「その国の人では替えがきかない人材」「その国に利益をもたらす人材」にビザを発給するということ。だそうで、自分はそんな大それた人格者じゃない、と腰が引けてしまいます。経済状況や失業率、政局・政策に応じてもビザの発給条件は頻繁に変わり、就職先は決まったけど、許可がおりなくて働けないなどというケースもあります。雇用主がいくら望んでも、その人が就労ビザを取れるかどうかは、また別の話なのです。また、賄賂などで取得する、その中間業者が存在し、多くのマージンをかっさらっていくなど、ややこしいのです。しかしながら、この許可さえとってしまえば働けるのです。

海外で働く方法

いくつか方法はありますが、インターンシップで、学生が企業などで研修生として一時的に仕事をする。NGOやNPOのボランティアとして開発途上国で農作業を行ったり、福祉施設でケアを行ったりする。青年海外協力隊で、派遣され、現地の人の活動をサポートする。など比較的容易に働ける方法もあります。また、有利な者としては、インターネット言語など、HTML、CSS、PHP、JavaScriptなどのプログラミング言語ができたりすると世界共通の技術なので就職しやすかったり、「魚がさばけて刺し身が作れる」「お寿司が握れる」「日本語が教えられる」など、何か日本に関連した技術があれば日本に関連した業種で働くことができます。