お金だけじゃない!大学生がアルバイトすることの意味について

大学生は、サークル活動や友達付き合いなどで、出費が多くなってしまいがちです。そのため、仕送りだけでは足りず、自分で使う分のお金を稼ぐためにアルバイトをしているという人も多いと思います。しかし、アルバイトから得られるものは、お金だけではありません。これから社会人として生活していくために必要なことを、たくさん学ぶことができるのです。今回は、アルバイトをすることで得られるメリットについて考えていきたいと思います。

社会のルールを学ぶことができる

アルバイトも、お客さんからしたら一人の従業員。社員じゃないからといって、当然甘えは許されません。そういった厳しい環境の中で、正しい言葉遣いや、お客さんへの礼儀正しい接客態度といった社会人としてのマナーを身につけましょう。そういった経験は将来必ず役に立つときが来ます。また、学生のうちから仕事に対する責任感を感じるのも、貴重な経験だと思います。社会人になったとき、自分の仕事にすら責任を持てない人は、周りからの信頼を得ることはできません。大事な仕事を任されることも無ければ、キャリアアップすることも難しいでしょう。アルバイトのうちから、社会人としての自覚を持って仕事に向き合いましょう。

いろんな人と交流できる

アルバイト先には、いろいろな人がいます。他校の学生や主婦、フリーター、社員さんなど、普段の生活では、なかなか接する機会がない人たちと、一緒になって働く事ができるのもアルバイトのメリットだと思います。もちろん個別で仲良くなるのもいいですが、自分とは違う環境にいる人たちとコミュニケーションをとるだけでも、彼らの考え方や価値観を吸収できるはずです。いろんな人と積極的に交流してみましょう。

将来に繋がるアルバイトを

将来就職したいと思っている職業を学生のうちに体験できるというのも、アルバイトの魅力の一つですね。例えば、出版業界で働きたいと思ってる学生だったら、出版社のアルバイトをして、その職場の雰囲気や仕事の内容などを肌で感じてみてはどうでしょうか? アルバイトですから、「思ったのと違うな」と思えば、他の仕事を考えてみればいいですし、「やっぱりその業界で働きたい」と思えば、そのまま頑張れば良いのです。アルバイトは、そうした自分の将来を決める上での指針を与えてくれます。