学業やサークル活動で忙しい大学生のアルバイトとの関わり方

大学に入ると、サークル活動や友達付き合いなど、何かとお金がかかりますよね。そのため、ほとんどの学生が、アルバイトを始めるのではないでしょうか? しかし、学生の本分は学業。アルバイトとの両立が上手く行かず、単位を落としてしまったなんてなったら、元も子もありません。サークルや学業との両立を目指して、大学生のアルバイトとの正しい接し方について考えていきましょう。

アルバイトは慎重に選ぼう

早くお金が欲しいからといって、安易にアルバイト先を決めてしまうと、後々困ることになります。無理せず働けるような仕事を探しましょう。その際、いくつか注意すべき点があります。一つ目は、場所です。職場が遠いところだと、どうしても移動に時間を取られてしまいます。そのせいで、勉強や睡眠の時間が削られては、学業とアルバイトの両立は難しいでしょう。やはりアルバイト先は家や学校から近いところ、または交通の便が良いところが便利だと思います。二つ目は、シフトの融通が利くこと。大学だと補習や実習が急に入ってくることがあります。そのため、ある程度シフトを自分で調整できるようなアルバイトを選びましょう。また、テスト前に、まとまった休みを取れるか確認しておくのもオススメです。三つ目は、体力的に長続きしそうかどうか。肉体労働などの体力的にキツいアルバイトをした後は、なかなか勉強しようという意欲が湧かないものです。しっかりと余力を残せるような仕事を選びましょう。

大学生にオススメのアルバイト

それでは、具体的にはどんなアルバイトが良いのでしょうか? 大学生に人気があるアルバイトとしてよく挙げられるのが、塾講師や家庭教師です。基本的には勉強を教えるだけですから、体力的にも負担が少ないですし、何と言っても時給が高いのが魅力でしょう。拘束時間が長い、授業の準備に時間を取られてしまうといったデメリットはあるものの、大学生に人気のアルバイトです。個人的には、本屋さんのアルバイトもオススメです。落ち着いた雰囲気で働きやすく、特別難しい仕事が無いのも嬉しいです。しかし、居心地が良い分、従業員が辞めることが少なく、なかなか空きが出ないのが難しいところですね。その他のアルバイトだと、イベントスタッフなどの短期アルバイトも人気があります。他のアルバイトと違い、自分の都合の良い日にピンポイントで働くことができるので、勉強との両立も比較的楽にできるのではないでしょうか?